メールマガジン第17号(2016年6月23日発行)

=======================================2016/06/23
================================================
福沢一郎記念館 メールマガジン No.17
FUKUZAWA Ichiro Memorial Museum
― Setagaya,Tokyo
================================================
□■□   現在当館は閉館中です   □■□
■□■ 次の開館は9月末の予定です ■□■

[1] 春の展覧会「Words Works」展、終了しました
[2] ココで観られる福沢一郎作品
[3] 賛助会員のお誘い

――――――――――――――――――――――――――――
[1]
□ 2016年春の展覧会
 「Words Works」展 -「福沢一郎・再発見」- vol.1
 終了しました
 
キャンペーン「福沢一郎・再発見」の一環としておこなわれた
展覧会「Words Works」展が、20日(月)に終了しました。
福沢一郎の3つのことばから、時代や作風に関わりなく作品を
選び展示するこの試み、美術館ではなかなかみられない展示の
方法だったようで、富岡の福沢一郎記念館の学芸員の方などは
「うちの展示室で観るのとはまったく違ってみえて面白い」と
おっしゃっていました。一般の方からも「小さいからできるこ
とだね」とか「同じようなものが並ぶよりも、ひとつずつに注
目できる」などのおことばをいただきました。
我々も、今回の展示を通して、この福沢一郎のアトリエでしか
できないユニークな展示の可能性を、あれこれ考えるいい機会
となりました。次なる「福沢一郎・再発見」vol.2に向けて、
早くもアイデアがどんどん出てきております!
あわせて、当館ホームページ上でも、今後さまざまな「再発見」
をご提案してまいります。どうぞお楽しみに!

会場風景をホームページにアップしました。↓
https://fukuzmm.wordpress.com/2016/06/20/2016s_ww_view/

展覧会の内容については、こちらをどうぞ。↓
https://fukuzmm.wordpress.com/2016/04/14/2016s_words_works/

――――――――――――――――――――――――――――

――――――――――――――――――――――――――――
[2]
□ ココで観られる福沢一郎作品
《翼をつくる男》 制作年不詳 
 53.0×45.2cm 信州高遠美術館蔵
 @「郷土ゆかりの作家・原田コレクション展」

長野県南部、山ふところに抱かれた「伊那谷」の中央に佇む、
豊かな自然と歴史のまち、伊那市。その中心部から東に位置す
る、サクラの名所として有名な高遠城址公園の中に、瀟洒な姿
の「信州高遠美術館」が建っています。
この美術館は、高遠町出身の画家・コレクター原田政雄が長年
にわたり収集した美術作品を核として、1992(平成4)年にオー
プンしました。福沢一郎の作品は72点収蔵されています。
今回ご紹介するのは、現在開催中の「郷土ゆかりの作家・原田
コレクション展」に出品されている5点のうち、《翼をつくる
男》。レオナルド・ダ・ヴィンチの厖大なメモやスケッチを集
めた『アトランティコ手稿』から、飛行機のような機械など複
数のイメージを引用したもので、1980年代前半の作品にはこう
した特徴がみられますから、この頃描かれた可能性があります。
うつむき加減の男、その背後に翼のようなかたちの機械、そし
て上からにゅうっと伸びてくる手。全く脈絡のないものどうし
が集う画面は、《寡婦と誘惑》(1930)など、福沢が若い頃
注目を集めた「シュルレアリスム絵画」とよばれるものと似た
雰囲気をもっています。天才レオナルドの精緻なスケッチを、
脈絡なく組み合わせることで、画家は若き日の刺激的な制作を
ふたたび蘇らせるような試みをおこなっていたのかもしれませ
んね。

「郷土ゆかりの作家・原田コレクション展」は、信州高遠美術
館で、7月24日(日)まで開催中です。詳しくは同館のホーム
ページをごらんください。↓
http://www.city.ina.nagano.jp/shisetsu/library_museum/takato_museum/tenrankai/kikakutenn.html

作品画像は、当館ホームページの「作品集」から。↓
https://fukuzmm.wordpress.com/works/

――――――――――――――――――――――――――――

――――――――――――――――――――――――――――
[3]
□ 賛助会員のお誘い

一般財団法人福沢一郎記念美術財団では、その美術振興活動を
より広範囲に、積極的にすすめるために、賛助会員を募ってい
ます。
一人でも多くの方に参加していただくことで、若い美術家の顕
彰、美術研究への助成など財団の活動が充実しますので、どう
ぞよろしくお願いいたします。

◯賛助会員の区分と会費
(1) 一般会員 3,000円(年会費)
(2) 維持会員 30,000円(年会費)
(3) 特別会員 300,000円(永久会員)

◯特典
(1) 福沢一郎記念館入館料無料
(2) 福沢一郎記念館ニュース送付
(3) 記念館主催の催し物に優先的にご招待

◯会費のお振込先
●郵便局振替口座 00190-2-695591
 福沢一郎記念館
●りそな銀行 祖師谷支店 普通口座 1000201
 (一財) 福沢一郎記念美術財団

――――――――――――――――――――――――――――
================================================
福沢一郎記念館 メールマガジン No.17
2016年6月23日発行
編集・発行 一般財団法人 福沢一郎記念美術財団

福沢一郎記念館
https://fukuzmm.wordpress.com/
facebook: https://www.facebook.com/fukuzmuseum

Copyright(c) 2014-2016 FUKUZAWA ICHIRO MEMORIAL FOUNDATION
All Rights Reserved.

※バックナンバーは記念館ホームページでご覧いただけます。
※配信停止を希望される場合はそのままご返送ください。
================================================

広告