メールマガジン第9号(2015年6月16日発行)

=======================================2015/06/16
================================================
福沢一郎記念館 メールマガジン No.9
FUKUZAWA Ichiro Memorial Museum
— Setagaya,Tokyo
================================================
□■□  現在当館は開館中です  □■□
■□■ 15日から28日まで無休  ■□■

[1] 「PROJECT dnF」第2回 室井麻未「ある景色」
[2] ココで観られる福沢一郎作品
[3] コラム 福沢一郎の書架から(9)
[4] 賛助会員のお誘い

————————————————————————————
[1]
□ 2015年春の展示
 「PROJECT dnF ー「福沢一郎賞」受賞作家展ー」
  第2回 室井麻未「ある景色」
————————————————————————————
歴代の「福沢一郎賞」受賞者に記念館のギャラリーを個展会場
として提供する試み「PROJECT dnF」。
第1回 照沼敦朗「惑星の端」は好評のうちに幕を閉じました。
ご来館いただきました皆様、ありがとうございました!
映像を中心としたインスタレーションは、ご来館くださった皆
様にとっても、そして我々スタッフにとっても、たいへん刺激
的なものでした。作家のさらなる活躍に期待しましょう。

そして昨日、第2回 室井麻未「ある景色」がオープンしました。
室井の作品には、イメージがまるで層をなすようにいくつも塗
り込められ、さまざまな色が踊っています。軽やかさと重厚さ、
ゆるやかさと鋭さが同居するふしぎな世界です。
室井は、わたしたちが眼で見ている世界と、そのあいだ、その
むこうにある、見えそうで見えない世界のあいだで揺れ動きな
がら、その揺れ幅を塗り込めるように制作しています。絵画と
はいったい何か、見えるものと見えないもののあいだには何が
あるのか。彼女の作品は、そんな根本的な問いかけをしている
ようです。
ゆるやかな絵画のありようを探る注目の画家が、初めての個展
を当館でおこないます。この機会にぜひご覧ください。

「PROJECT dnF -「福沢一郎賞」受賞作家展-」
第2回 室井麻未「ある景色」の開催予定は以下のとおりです。

6月15日(月) — 28日(日) 11:00 — 17:00 無休
オープニングレセプション 6月20日(土)17:00 — 19:00
ギャラリートーク 6月21日(日)14:00 — 15:00

記念館ホームページで、日程等をご覧になれます。
https://fukuzmm.wordpress.com/2015/04/28/dnf_1terunuma_2muroi/

※福沢一郎作品も、奥の部屋に展示いたします。こちらもぜひ
お楽しみください。

————————————————————————————
[2]
□ ココで観られる福沢一郎作品
《ケンタウロス》 1970年 アクリル・カンヴァス
 71×162cm 前橋市立図書館蔵

深い青色の空と黄緑の鮮やかな大地を背景に、ピンク色のケン
タウロスが大きく腕を広げ、まるで飛び跳ねるようなポーズを
とっています。後ろでは牧神らが踊り、底抜けに明るい世界を
楽しんでいるようです。
この作品は、1971年に群馬銀行から前橋市へ寄贈され、1974
年に現在の前橋市立図書館が開館したとき、中央図書室に展示
されました。1階と2階のあいだの吹き抜けに面した細長い壁に、
まるであつらえたようにぴったりとおさまっています。
1970年頃、福沢はギリシャ神話に主題を得て多くの作品を制作
います。青い空と果てしない大地、そして奔放なポーズの神々
や半獣半人たちは、この時期の重要なモティーフだったようで、
福沢は作品ごとに少しずつ、かたちや描写の方法を変えながら
描いています。この作品にあらわれた鮮やかなピンクのケンタ
ウロスは、おおらかなポーズとあいまって、とてものびやかに、
そして力強く、生命を謳歌しているように思えます。
本作品が図書館に展示されるようになった経緯は明らかではあ
りませんが、大地の上で躍動するケンタウロスや牧神のすがた
は、まことに福沢らしい、自由な学びの場の象徴といえるかも
しれません。

本作品は前橋市立図書館1階の中央図書室に常設展示中。開館
中ならいつでも見られます。

————————————————————————————

————————————————————————————
[3]
□ コラム 福沢一郎の書架から(9)
 
アンダーソン著、松崎壽和訳『黄土地帯』
 座右寶刊行会、1942年

本書は、スウェーデンの地質学者・考古学者ヨハン・グンナー
ル・アンダーソン(アンデショーン)の著書『黄土の子等:先
史時代中国の研究(原題Children of the Yellow Earth
:Studies in Prehistoric China)』(マクミラン社、
ニューヨーク、1934年)を訳したものです。著者は戦前の中国
で地質調査や発掘、後進の指導にあたり、中国の地質学・考古
学研究の発展に大きな役割を果たした人物です。
本書は、「北京人類(北京原人)」の発見など、著者の研究成
果をまとめたものですが、それにとどまらず現地の様子や人々
の生活などのエピソードもちりばめられ、案外親しみやすい書
物です。訳も非常にていねいで、当時の書評などでも高く評価
されているようです。
さて、福沢は本書の刊行に先立つ1939年末、中国の山西省へ旅
し、そこで見た人々の生きざまを主題として《山西図》や《黄
土にすむ人》などの作品を制作しています。ですから、本書が
直接制作の役に立ったとは思われません。しかし、もともと人
類学や考古学に強い興味を抱いていた福沢にとって、本書は知
的好奇心をおおいに刺激したでしょうし、それが地域の地質学
や民俗学への関心を呼び起こし、『秩父山塊』(1944年)など
を執筆するときの参考にもなったのではないでしょうか。
戦後に中南米やオーストラリアへ旅した際などにも、福沢は専
門書を取り寄せて読み、かの地に関する知識を広く求めました。
絵画制作はつとめて知的な作業であり、知見を広め、深めるこ
とが画家には必要であると考えていた福沢の姿勢は、こうした
書物であふれる彼の本棚にはっきりとあらわれています。

————————————————————————————

————————————————————————————
[4]
□ 賛助会員のお誘い

一般財団法人福沢一郎記念美術財団では、その美術振興活動を
より広範囲に、積極的にすすめるために、賛助会員を募ってい
ます。
一人でも多くの方に参加していただくことで、若い美術家の顕
彰、美術研究への助成など財団の活動が充実しますので、どう
ぞよろしくお願いいたします。

◯賛助会員の区分と会費
(1) 一般会員 3,000円(年会費)
(2) 維持会員 30,000円(年会費)
(3) 特別会員 300,000円(永久会員)

◯特典
(1) 福沢一郎記念館入館料無料
(2) 福沢一郎記念館ニュース送付
(3) 記念館主催の催し物に優先的にご招待

◯会費のお振込先
●郵便局振替口座 00190-2-695591
 福沢一郎記念館
●りそな銀行 祖師谷支店 普通口座 1000201
 (一財) 福沢一郎記念美術財団

————————————————————————————
================================================
福沢一郎記念館 メールマガジン No.9
2015年6月16日発行
編集・発行 一般財団法人 福沢一郎記念美術財団

福沢一郎記念館
https://fukuzmm.wordpress.com/
facebook: https://www.facebook.com/fukuzmuseum

Copyright(c) 2014-2015 FUKUZAWA ICHIRO MEMORIAL FOUNDATION
All Rights Reserved.

※バックナンバーは記念館ホームページでご覧いただけます。
※配信停止を希望される場合はそのままご返送ください。
================================================

広告