【他館展覧会情報】「福沢一郎展 沖縄の子どもたちへ贈られた34点」@那覇市民ギャラリー 2015.2.3-8

2015年2月3日(火)から8日(日)まで、展覧会「福沢一郎展 沖縄の子どもたちへ贈られた34点」が、沖縄県那覇市の那覇市民ギャラリーで開催されます。
この展覧会の出品作は、平凡社の雑誌『太陽』創刊時の連載(1963-64年)のために描かれたもので、1966(昭和41)年、日本復帰前の沖縄の子どもたちのために、平凡社社長の下中邦彦氏により「沖縄少年会館」へ寄贈されました。1979年に同館が閉館となった後は那覇市(久茂地公民館)に移管され、しばらく日の目を見ることはありませんでした。
今回、その寄贈作品34点すべてが一同に展示されます。福沢一郎作品の再発見といううれしいトピックであるだけでなく、1960年代の福沢の制作を考えるうえでも非常に貴重な機会となります。

主  催:那覇市
協  力:福沢一郎記念館(一般財団法人 福沢一郎記念美術財団)
     富岡市立美術博物館・福沢一郎記念美術館
展示期間:2015年2月3日(火)~2月8日(日)
     10:00-19:00(最終日17:00まで) 会期中無休
開催場所:那覇市民ギャラリー(パレットくもじ6F)
展示内容:那覇市収蔵の福沢一郎作品34点
     平凡社の雑誌『太陽』
     少年会館関連資料 等
観 覧 料:無料
関連行事:美術講座「福沢一郎の画業について」
     2月8日(日) 15:00-16:30、先着50名
     講師:染谷滋氏(富岡市立美術博物館・福沢一郎記念美術館館長)

以下、展覧会チラシ画像

2015fukuz_naha1

2015fukuz_naha2

広告