【イベント情報】講演会「近代写真の成立と福沢一郎の写真」報告

展覧会 「福沢一郎の“写真” 画家のレンズが捉えたもの。」の関連イベントとして、講演会「近代写真の成立と福沢一郎の写真」が、5月14日(水)に開催されました。

講師の金子隆一さんは、東京都写真美術館で長く専門調査員・学芸員を勤められ、近代写真の専門家として活躍されているほか、写真集コレクターとしても有名な方です。今回の講演はまず「近代写真」の成立について、その代表的な作例の画像を見ながら解説し、続いて安井仲治、木村伊兵衛、小石清など1930〜1940年代日本の注目すべき写真家の作品についても述べたうえで、福沢一郎の写真について改めて考えてみる、という趣向でした。
近年のデジタルカメラの普及によって、写真というもの、またカメラという装置についても、随分認識が変わってきているように思います。金子さんのお話はそうした我々が陥りやすい誤解を解きほぐしつつ、写真についての認識を深めてくださるもので、眼から鱗が落ちることしばしば。
1924〜31年のパリ滞在中に撮影された、全くアマチュアであったはずの福沢の写真に、19世紀末から20世紀初めのパリで活躍したプロの写真家アジェのそれと共通するものを感じるとおっしゃる金子さんは、近代写真の先駆として神格化されているアジェについて改めて考えるよい機会になったと、福沢の写真との出会いを喜んでくださいました。また、近代日本を代表する写真家野島康三や平尾銈爾と、福沢一郎(福沢家)との意外な関係についてもお話いただき、一部関係者の注目を集めていました。

講演会の内容は今秋発行の『記念館ニュース』に掲載予定です。

201405014

(2014年6月5日)

広告