【展覧会】松浦コレクション「とっておきの福沢一郎」展 4/19 – 6/3, 2013

1935_boshi_Mta
《母子》1935年



このたび、福沢一郎記念館では、春の展覧会として「松浦コレクション『とっておきの福沢一郎』展」を開催いたします。

 福沢一郎作品の収集家として知られる松浦英夫氏。そのコレクションは福沢の画業をほぼ網羅したものであり、公立美術館の所蔵にはない時期の作品も多く含まれ、福沢一郎の全貌を知るために欠かせない存在となっています。
 当館では平成7年秋にも松浦氏のコレクションを紹介する展示をおこないました。あれから18年、コレクションはさらに充実し、長らく公開されてこなかったものや、時代を象徴する重要なもの、親しみやすいものなど、氏の鋭い目によって選び抜かれた逸品が加わりました。
 今回は、《母子》(1935年)などの新たな収集品を含む松浦コレクションの選りすぐりを展示し、そこからみえてくる福沢一郎作品の魅力を発信します。
 長く福沢一郎と交流をもち、その作品をこよなく愛するコレクターの「とっておき」を、ぜひお楽しみください。きっと福沢作品の新たな魅力を感じ取っていただけることでしょう。

主な出品作:
《母子》1935年 油彩
《メキシコの男》 1954年 油彩
《裸婦と亀》 1968年 アクリル
《食水餓鬼》 1972年 アクリル
《花と鰯》 制作年不詳 油彩

会 期:2013年4月19日(金)〜6月3日(月)11:00-17:00 月・水・金開館
※ 4月29日(月)、5月3日(金)、5月6日(月)は祝日ですが開館します。
入館料:300円


※トークの会開催のお知らせ

「福沢一郎 とっておきの話」
語り手:松浦英夫氏(コレクター)、伊藤佳之(当館嘱託)
日時:5月8日(水) 14:00〜15:30
場所:福沢一郎記念館
会費:1,500円
※要予約(電話またはFAXにて/先着40名様)

<お問い合わせ:お申し込みはこちらまで>
TEL. 03-3415-3405 / FAX. 03-3416-1166

広告