【作品】 地獄門 / The Gates of Hell 1959年

1959_a_gateofhell_100p85mm

題名/title: 《地獄門》/ The Gates of Hell
制作年
/date:
1959年
技法・材質
/materials:
油彩、石膏、布、板など / oil, plaster, fabric, board and some materials
寸法/size: 263.0×201.0cm
所蔵
/collection
富岡市立美術博物館・福沢一郎記念美術館
Tomioka City Museum/FUKUZAWA Ichiro Memorial Gallery
  不規則に重ねられた板の上に紐や箱、木枠などさまざまなものが貼り付けられ、混沌とした画面をつくりあげている。これは当時の日本で流行していた芸術思潮「アンフォルメル」に福沢が共鳴した結果であろうと思われるが、そのきっかけは、1958年の欧州旅行の際に見た街角の壁の落書ともいわれ、彼はそこに即物的な表現の可能性をみたようである。ただ、アンフォルメルの画家の多くがオートマティックで即興的なイメージを求めたのに対し、福沢はきわめて意図的・作為的に「アンフォルメル」的形態を用いた。板の隙間から漆黒の闇=黒い布が見えるあたりには、「地獄門」という主題に向けた画家の強い作為がうかがえる。
広告