【作品】 快楽と苦痛 / Pleasure and Pain 1982年

1982_a_pain133

題名/title: 《快楽と苦痛》/ Pleasure and Pain
制作年
/date:
1982年
技法・材質
/materials:
アクリル・カンヴァス / acrylic on canvas
寸法/size: 72.5×60.6cm
所蔵
/collection
多摩美術大学美術館
Tama Art University Museum
  1983年の個展(6〜29日、ギャラリージェイコ)の出品作。このとき福沢は、レオナルド・ダ・ヴィンチの作品に触発され、そのイメージを引用した作品を多く描いている。《快楽と苦痛》は、レオナルドの素描《快楽と苦痛の寓意(Allegories of Pleasure and of Pain)》(1485-1487 年、クライスト・チャーチ・ピクチャー・ギャラリー蔵、オックスフォード)のイメージを、ほぼそのまま描いている。しかしよりボリュームのある人体になっているのは福沢ならではといえようか。黄と褐色の絵の具の、淀みや溜まりなど偶然うまれる効果を活かした背景は、紙上の雑然とした印象や古色を表現したものでもあり、また70年代末の、色彩を施した背景に線のみで描く試みの延長でもある。
広告