【展覧会】「エピソードに見る—福沢一郎」展 4/16 – 6/2, 2010

leda92s
《レダ》 1992年 150号



このたび、福沢一郎記念館では、春の展覧会として「エピソードに見る—福沢一郎」展を開催いたします。

絵を描くことは、画家の人生を映すようなもの。ですから名作とよばれる絵画には、さまざまな秘話・逸話が遺されています。それは時として作家自身に関することだけではなく、所蔵者や鑑賞者、それをとりまく社会にまで話題が及ぶこともあります。
福沢一郎の絵画にも、制作手法はもとより、それぞれの時代や場所、関わりのあった人々など、多くのエピソードが隠れています。画面を見るだけでは判らないエピソードを知ることで、絵画の楽しみ方はより豊かに、幅広くなることでしょう。
今回は初期作品から晩年の《レダ》(1992年/150号)に至る幅広い年代の作品を展示し、知られざるエピソードとともに、福沢一郎の絵画世界をお楽しみいただければと存じます。
この機会に、ぜひお出かけください。

会 期:4月16日(金)〜6月2日(水)11:00-17:00 月・水・金開館
    ※ 5月3日(月)、5月5日(水)は祝日ですが開館します。
入館料:300円


※講演会開催のお知らせ
「福沢一郎先生のダンディズム」
講師:佐野ぬい氏(女子美術大学学長)
日時:4月28日(水) 14:00〜15:30
場所:福沢一郎記念館
会費:1,000円
※要予約/先着40名様(FAXも可)

<お問い合わせ:お申し込みはこちらまで>
TEL. 03-3415-3405 / FAX. 03-3416-1166

広告