【展覧会】「『福沢一郎と旅』展-画想の原点は旅からはじまった-」 4/16 – 6/2, 2008

boshizo
《鳥の母子像》 1957年 富岡市立美術博物館・福沢一郎記念美術館蔵



このたび、福沢一郎記念館では、春の展覧会として「『福沢一郎と旅』展-画想の原点は旅からはじまった-」を開催いたします。

福沢一郎の絵画が大きな転換をみせるとき、そこにはいつも「旅」がありました。
彫刻家を志してパリに渡った時、彼は画家に転身し、大きな成功をおさめます。日本に帰ってきてからも、戦前は中国東北部(旧満州)や山西省への旅で大きな収穫を得ました。戦後は北海道・東北にはじまり、中南米、インド、オーストラリアなど、世界中にその旅先を広げ、そこから得た着想によりいっそうスケールの大きい絵画世界を展開させています。
福沢一郎の旅の軌跡を思い浮かべながら、その力強い画面を味わっていただきたいと思います。
この機会に、ぜひお出かけください。

会 期:4月16日(水)~6月2日(月)11:00-17:00 月・水・金開館
    ※ 5月5日(月)は祝日ですが開館します。
入館料:300円

※講演会開催のお知らせ
「福沢一郎と行くフランス中世美術の旅」
講師:伊藤佳之氏(群馬県立館林美術館学芸員)
日時:4月30日(水) 14:00~15:30
場所:福沢一郎記念館
会費:1,500円
※要予約/先着40名様(FAXも可)

<お問い合わせ:お申し込みはこちらまで>
TEL. 03-3415-3405 / FAX. 03-3416-1166

広告